スポンサードリンク

ベルサイユ宮殿の観光


この絵はベルサイユ宮殿内に展示してあった昔に描かれたと思われるベルサイユ宮殿構内の絵です。建物も広範囲に点在しており規模の大きさが分かりますが、なんといっても敷地の広さが半端無く広いのがベルサイユ宮殿とその庭園とトリアノン宮殿。

ベルサイユ宮殿の敷地内の絵

 

そしてマリーアントワネットが贅を尽くしたその宮殿群とその内部はコチラ!

ベルサイユ宮殿の外観1

ベルサイユ宮殿の建物の外観だけでも豪華絢爛の装飾満載なのに、内部はもっと綺羅びやかに絵画や装飾品で埋め尽くされています。フォンテーヌブロー城を真似て建築されたと聞きましたが、様式的には確かに真似ていますがそれ以上に出来る限りの贅を尽くせ!といった内部です。まずは鏡の回廊から、、、。

Palace of Versailles4ベルサイユ宮殿1

確かに豪華で圧巻される装飾品の数々ですが、長時間いると落ち着かないですね。ルイ13世がこの地に狩りのために館を建てて以来、代々の王が改装や増築などを繰り返して出来上がった17世紀からのフランス芸術が集結されたような建物なのですから、全体的な調和という部分に欠けているように思えました。

Palace of Versailles5

Palace of Versailles2

フランスに来て思ったことなのですが、フランスのホテルのベットが小さいと感じていましたが、何と王や王妃のベットも小さいのです。フランス人ってこんなに小さかったっけ?と思うほど特に長さが短いのです。

Palace of Versailles3Palace of Versailles7

garden of Versailles1

建物から見える庭園。この庭園はどこまで続くのだろうと思うぐらい見渡す限りベルサイユ宮殿の敷地内なのです。これは一方方向だけを見てるだけですが、反対側も建物の裏側もあるわけですから、恐ろしく広大です。

スポンサードリンク

カテゴリー: イル・ド・フランス地方,パリ 観光,フランス パリ,ベルサイユ | Tags: , , コメント(0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバックURL: http://xn--qckr7ff7g0a3b7621g56yc.net/%e3%83%99%e3%83%ab%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%a6%e5%ae%ae%e6%ae%bf%e3%81%ae%e8%a6%b3%e5%85%89.html/trackback

スポンサードリンク