スポンサードリンク

フォンテーヌブロー城


フォンテーヌブロー城フォンテーヌブロー城、フォンテーヌブロー宮殿とも言われているフランスで一番大きいと言われているこの宮殿、正面から全体を写真に収めるのはかなり大変。パリから日帰りできるフランスの名城の中のひとつでもありとても人気が高い観光名称のフォンテーヌブロー城です。

フォンテーヌブロー城の階段2

中庭の入口階段には「馬蹄形の階段」といわれる流線型の階段が建物へとアプローチしてくれる。16世紀前半頃にフランス初の本格的なルネサンス様式の豪華絢爛な宮殿を建築したのは、あのロワールの美しく大きな古城シャンボール城をも建築しているフランソワ1世だけのことはあり、細部に斬新さと豪華さが漂った造りとなっていて、そしてやはり建物は巨大で敷地面積がめちゃくちゃ広いのもフランソワ1世ならではなのだなと、シャンボール城を観光したばかりなので同じ建築者なので共通するところの多さが際立って感じました。
フォンテーヌブロー城の階段

 

フォンテーヌブロー城の内装1フォンテーヌブロー城の内装はすべてにおいて贅を尽くされていて豪華絢爛です。ベルサイユ宮殿はこのフォンテーヌブロー城に負けじと建築されたと言われていますので特に内装では似ている部分が多いような感じがしました。

フォンテーヌブロー城の内装3フランソワ1世の回廊と呼ばれ、フランソワ1世がイタリア人の芸術家に豪華な彫刻などの装飾をさせた回廊とされています。

フォンテーヌブロー城の内装2絵皿の回廊と呼ばれている回廊。

フォンテーヌブロー城の内装8ディアナの回廊と呼ばれ長さ80m、幅7mの回廊。

フォンテーヌブロー城の内装4三位一体の礼拝堂。

フォンテーヌブロー城の内装5フォンテーヌブロー城の内装6フォンテーヌブロー城の内装7

敷地もそうですが、内部もフォンテーヌブロー城は余りにも広くゆっくり見学するのであれば1日がかりだと思います。フランスの古城を続けて4城目だったこともあり、さーっと見学しただけです。余程の興味がない限り1日掛けて観光は体力的にも大変!でもフォンテーヌブロー城は、ベルサイユ宮殿とルーブル宮殿の3つがフランスパリ近郊の3大宮殿らしいので行って良かったと思います。

フォンテーヌブロー城の裏庭宮殿の裏庭も広大で市民が誰でも無料で入場できベンチなどもいくつか設置してあったのでランチとか休憩している現地の人も見掛けました。

 

 

スポンサードリンク

カテゴリー: イル・ド・フランス地方,フランス 世界遺産 | Tags: , , コメント(0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバックURL: http://xn--qckr7ff7g0a3b7621g56yc.net/fontainebleau-castle.html/trackback

スポンサードリンク