スポンサードリンク

ベルサイユ宮殿


ベルサイユと聞けば多くの人があの漫画や宝塚歌劇の「ベルサイユの薔薇」を思い浮かべると思いますが、そのベル薔薇の舞台となったのがフランスのベルサイユ宮殿ですね。国王ルイ16世の王妃であるマリー・アントワネットが贅を尽くしたというベルサイユ宮殿とはどんな宮殿なのかとベルサイユへの旅行には興味津々でしたが、近年に塗り替えたであろう建物外観の装飾物の金塗りと敷地や建物の巨大さに圧倒されたベルサイユ宮殿でした。
ベルサイユ宮殿入口ベルサイユ宮殿の門

ベルサイユ宮殿

屋根などの装飾品の金塗りは最近塗られたのでしょうが、当時マリ・アントワネットの時代やベルサイユを建築したルイ14世の時代にも塗られていたのでしょうね。こんなに贅沢でキンキラしたお城、当時の貧しかったフランスの民衆が暴動を起こしたり、結果フランス革命へと進んで行ったのは当然だなと思える贅沢三昧のベルサイユ宮殿の外観です。

 

スポンサードリンク

カテゴリー: イル・ド・フランス地方,フランス 世界遺産,ベルサイユ | Tags: , , コメント(0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバックURL: http://xn--qckr7ff7g0a3b7621g56yc.net/palace-versailles.html/trackback

スポンサードリンク